オバマ大統領の演説に関して

オバマ氏は、選挙が開始する前後は、ハッキリ云って無名とも云える実在だった。
と云うのも、彼はまだキャリアの多くはない議員だったからである。
それに対し、クリントン元大統領の婦人であるヒラリー・クリントンさんは、既に幾度となく世界的な報道に於いて姿を見せており、30年以上のキャリアと加え、その知名度は圧倒的なものだった。
普通、どう考慮しても全く相手にならないような差が両者の間にはありた。

 

しかしながら、何人もが気付いての通り、この2人の予備選挙は熾烈を極めた。
その原因は、オバマ氏が選挙戦が開始した途端、急速にその知名度を上げてきたからである。
ただ、大統領候補である限り、知名度自体は嫌でも上がる。
問題なのは、支持率である。
そして、その支持率に於いても、オバマ氏は極端な伸びを見せた。
では、それはどうしてだろう?

 

オバマ氏には、演説と云う武器があったからである。

 

オバマ氏の演説は、すさまじいまでの支持を集めた。
これは、内容が圧倒的に優れていたから、と云うわけではないのである。
聞かせ方、構成、理解出きやすさ、そして熱意と云った、演説に必要な要素を全て兼ね準備していたからである。

 

オバマ氏の演説は、途方もなくシンプルな言葉を多用する。
殊更におおく用いられるのが、「We」や「You」と云った単語である。
これらの言葉を重ねる事で、団結心や親近感が聴衆に誕生していったのだ。
演説に於いて重要な、理解出きやすさと聞かせ方が一番顕著に現れている部分と云える。

 

気になる話題の調査報告