<花粉症の食事治療>腸内細菌

腸内細菌は血中にある白血球と連動する事に拠って、体内の免疫システムをただしく維持している。
つまり腸内細菌が元気で健康ならばいくら分解されていない大きな蛋白(たんぱく)質が腸壁に侵入してきても、ただしく異物を決断して免疫反応を起こさないのである。
腸内細菌の釣り合いが崩壊している為に、食物に対して免疫反応を起こしてしまうと云うわけである。
それによりTh2が増大して免疫釣り合いにかたよりがでてしまうのである。

 

花粉症等のアレルギーは全て腸から開始する。
腸内環境と共に腸内細菌を健全に維持する事は、途方もなく重要な事である。
釣り合いよく根気良く食事治療をつづける事でこれらの問題を解決する事ができるのだ。

 

他にも我々が口から取ってる「油」が花粉症や、喘息等のアレルギーの原因に為ってる。
食物の中に含有されている「油」は、摂取されると体の中で代謝されて「局所ホルモン」をつくのである。
「局所ホルモン」にはアレルギーを制御してくれるものと、促進してくれるものがある。
普段はこの二つの機能が釣り合いよく活動してただしい免疫機能をキープしてくれている。

 

しかし食事等からビタミンやミネラル、酵素をキッチリと取ってないと、脂肪を代謝する事が出きない体質になってしまう。
こういった具合にして「局所ホルモン」が釣り合いを保てなくなり、花粉症やぜんそく等のアレルギーの原因に成るのである。
食事治療に於いても、ビタミンやミネラルを食材から取る事の重要度は以前お談じた通りである。
ビタミンやミネラルはホルモンにも影響をあたえると云う事である。