コンタクトレンズが処方される手順

では、実際に眼科の専門医ではコンタクトレンズを処方するときにどのような流れに為っているのだろうか。
もしもメガネ屋やコンタクトレンズ量販店の付属のクリニックで処方してもらったことがある方は、どのようなに異なるか比較してみて欲しい。
コンタクトレンズの検査には2種類有る。1つは処方前検査であり、もう1つは定期検診である。
処方前検査というのはコンタクトレンズを初めて用いるという人は勿論(もちろん)であるが、コンタクトを活用していてもその眼科で初めて作るのであればこちらの検査となる。
初めての眼科では、例え専門医であっても顕微鏡で閲覧するだけではそのレンズの度数までは分かる事ができないのであるから当たり前である。
まず最初は問診である。
これは実に非常に大事である。私がいた眼科では、初めの問診は検査助手である私たちが行っていたのでドクターに正確に伝達するために細かく問診した。
初めての人には、どのようなコンタクトレンズが希望なのか、どのような装用の仕方を望んでいるのか、病気の既往歴、アレルギーの有無、点眼薬などの活用の有無などを耳にする。
以前から活用していた人には、初めての人の問診にプラスしてコンタクトレンズの活用歴、いまのレンズはどこで作ったのか、いつ作ったのか、レンズのメーカーと手入れの方法、度数は分かるのか、いまのレンズの具合はどうなのか、など尋ねてゆく。
およそのデーターが揃った時点で初めて、検査に移行してゆく。
さあ、問診の時点だけでどれだけ専門医でないところとの異なりがあったか比較はできただろうか?
ちなみに、コンタクトレンズをとっくに活用していて新しく作りたいときには、前日くらいからレンズを外しておくのがベストである。
レンズを外した直後の角膜の状態は、普通と違っていたりするので、そのほうが良いのである。
いままでのレンズは持参しておくと良いだろう。