≪予防医学と禁煙指導≫予防医学と癌(がん)予防のための禁煙

煙草(タバコ)が健康に良くないことは、予防医学について認識しているいないにかかわらず、殆どの人が熟知していることだ。
予防医学には病気を未然に防ぐという要素が含まれているが、煙草(タバコ)と耳にして思い浮かぶ病気は「癌(がん)」だろう。

 

禁煙指導は、最も確実な癌(がん)予防と言われている。
煙草(タバコ)を吸っている人は、吸わない人に比較して、およそ1.5倍の確率で癌(がん)に罹りやすいそうである。
「わかっているけどやめられない」そうかもしれない。
しかし、自分の身体のことだけでなく、周りで同じように煙を吸ってしまう家族や友人にも同じような癌(がん)危険度を負わせてしまうという意識を持ってみて欲しい。
煙草(タバコ)を吸わない人でも、たとえば連れ添ったご主人が喫煙者であったケースの場合、そうでない人に比較して肺癌(がん)になる率が数倍になるそうである。
と言う事は、自分が煙草(タバコ)を吸わないのは勿論(もちろん)のこと、他人が吸っている煙草(タバコ)の煙も吸わないことが、癌(がん)予防になるわけである。

 

禁煙指導は、癌(がん)の予防だけでなく、循環器系や呼吸器系の疾患や糖尿病など、たくさんの病気の予防につながる。

 

余談であるが、妊娠中に煙草(タバコ)を吸っていたお母さんから誕生した赤ん坊は、生後数日すると哺乳力が弱くなることがあるそうである。
それは、お腹の中にいた頃から赤ん坊も煙草(タバコ)を吸っていたことになり、出産と同時にニコチンを運んでいたお母さんからの血液がストップしてしまうため、禁断症状を起こすのだそうである。
そんなことが起こらないよう、お母さんだけでなく、周囲の人も煙草(タバコ)は控えるようにして欲しいものだ。